夏を楽しむ!あなたのお部屋スタイルに合わせた夏のハーバリウムの選び方

ドライフラワーや造花を専用のオイルと一緒に瓶に詰めた「ハーバリウム」。
鮮やかな色とみずみずしい美しさを楽しめるインテリア雑貨として人気を集めています。
たくさん種類はあるけれど、その中でも夏にぴったりのおしゃれなハーバリウムを探していませんか?

お部屋の一角にあるだけで季節感の出るハーバリウムは子供から大人まで楽しめるインテリア。
実は、お部屋のイメージに合わせて選ぶとぐっとセンスが良くなるんです。

ここでは夏に飾りたくなるハーバリウムの選び方の解説とお部屋のイメージ別におすすめのハーバリウムをご紹介。

流行を取り入れた夏を楽しむおしゃれなハーバリウムが必ず見つかります!

※商品の掲載情報は2018年8月時点のものです

1.夏のインテリアにハーバリウムがふさわしい理由

1-1 水換え不要で痛まない

生花は毎日水を取り替えても1週間も持ちませんがハーバリウムならそのままで3ヶ月〜1年の間飾っていただけます。

1-2 カラバリが豊富!

家にあるグリーンの観葉植物ももちろん素敵ですが、ハーバリウムはドライフラワーから造花まで、 さまざまなお花の組み合わせでてきたインテリア。 華やかな季節の変化を手軽に取り入れることができます。

ハーバリウム
出典元:ベルビーフルール

1-3 手頃な価格帯

初めてハーバリウムを探している方は気になりますよね。
サイズにもよりますが、大体1本 1,000〜6,000円、メインの価格帯は2,000〜3,000円ぐらいです。
無理をせず気軽にインテリアに取り入れられそうですね。

1-4 ハーバリウムを飾るときに注意したいこと

ハーバリウムには引火点の高い専用オイル(200度以上)が使用されており、通常の使用ではまず危険はありません。
とはいえ可燃性のオイルなので、火気の近くでは使用しないようご注意ください。
また気温の高いところではオイルが膨張にして、締めている蓋の隙間からオイルが漏れることもあります。
直射日光にあてると褪色を早める原因にもなりますので、直接日が当たらない場所に飾ってくださいね。

 

2.夏らしいハーバリウムの選び方

2-1 色で選ぶ

夏の雰囲気はカラーが決め手!
「夏」と言うワードでも、赤を連想する方、ブルーを連想する方と人によって違いますよね。
自分の好みの夏の印象から、お気に入りカラーのハーバリウムをさがしてくださいね。

2-1-1 気分は常夏♡南国リゾートトロピカルカラー

暑さすら楽しんでいるような南国カラーはきらめく太陽と鮮やかな空をイメージして。

ハーバリウム ボトルシリーズ ハバナ
出典元:ベルビーフルール

2-1-2 見ているだけで涼しくなるゆらゆら漂うブルーカラー

水の中から空を見上げたようなアレンジは気持ちいい浮遊感に包んでくれそう。

爽やかな夏のハーバリウム
出典元:minne

2-1-3 避暑地のような木陰のひんやりグリーンカラー

夏の暑さを忘れそうなグリーンのアレンジは小さな癒しの空間です。

森のハーバリウム
出典元:iichi

2-1-4 小さな海を閉じ込めたオーシャンカラー

これぞ、夏!なビーチリゾート風アレンジが夏の空気をさらに盛り上げてくれますね。

海のハーバリウム
出典元:minne

 

2-2 花材や具材で選ぶ

同じカラーでも、入れるお花によってハーバリウムの雰囲気は変わってきます。
小さなお花はカラーや浮遊感を楽しんで、大きなお花はそのお花自体の存在感をいつも感じることができます。

2-2-1 小さなお花は繊細でフェミニンな印象に

かすみ草やアジサイなど小花で出来たハーバリウムはまるで高級レースのよう。
上品で繊細な印象は主張しすぎず、その場に溶け込むシンプルなアレンジです。

ハーバリウム
出典元:楽天

2-2-2 大ぶりなお花は豪華で印象的に

植物の美しさや生命力をそのまま閉じ込めたような大ぶりのお花はとっても華やか。
ヒマワリや朝顔など、夏らしい花は目を引いてインテリアのポイントにもなります。

 

2-2-3 ハーブや果実はナチュラルで清潔感のある印象

控えめながら存在を主張するアレンジはお部屋のイメージをワンランクアップさせてくれます。
甘くなりすぎないカラーは男性にも好まれます。

ハーバリウム
出典元:suger

2-2-4 貝殻や砂を入れた夏限定アレンジ

海を連想させる貝殻や砂(カラーサンド)、花をサンゴに見立てたり
遊びゴコロあふれるアレンジは自然と夏の気分を盛り上げてくれそうですね。

海ハーバリウム
出典元:minne

2-3 実はお手軽♪自分アレンジを取り入れやすい手作りキット

ここまでを読んで「ハーバリウムって専門店で購入するものなのね」と思っている方もいらっしゃると思います。
が、密閉できるビンと専用オイルさえあれば実は簡単に作れるんですよ♪
自分の好きなお花をメインにお気に入りの作品で夏を楽しんでみるのはいかがですか?
最近は手作りキットとして販売されているものもありますよ。

ハーバリウム 手作りキット
出典元:ベルビーフルール
【ハーバリウム】手作りキット 水彩
価格:2,200円(税込)

 

2-4 飾る場所を留意して

あらかじめ飾る場所を決めたらサイズを測りましょう。
スペースがあるなら二本三本並べて飾っても素敵です。

ハーバリウム
出典元:ベルビーフルール

3.お部屋のイメージに合わせたハーバリウム5選

3-1 シンプルスタイル

飾り気は少ないけれど、スッキリさとあたたかみを感じることができるスタイル。
白やナチュラルカラーを基本としたシンプルなお部屋にはインテリアのポイントとして目を惹く存在感を示すハーバリウムがオススメ。

シンプル ハーバリウム
出典元:Greensnap

3-2 アジアンスタイル

南国のリゾート地にあるホテルのような、葉の大きなグリーンや籐家具・日用品に自然のぬくもりを感じることの出来るスタイル。
こちらのお部屋にはお部屋に溶け込むような夏アレンジのハーバリウムかぴったりです。

3-3 和モダンスタイル

日本古来のインテリアに現代の生活を溶け込ませた和モダンスタイル。
椅子やソファなど洋のインテリアに、和紙や竹などの家具を合わせ、床に近い暮らしをするスタイルです。
和風のテイストを活かすために日本古来の夏らしい花のハーバリウムがふさわしいですね。

ハーバリウム
出典元:creema

3-4 カフェスタイル

カウンターや見せる収納を使った、好きなものにいつも囲まれている生活スタイルです。
毎日色々なものを見て・触れて愛着が増す、そんな居心地の良さを感じさせてくれますね。
スタイルにこだわらず、自分の好きなものにこだわり、囲まれて暮らす。
それがこのスタイルの最大のルール。
自分のスタイルはなんだろう?と疑問に思っている方は大体こちらに入りますよ。
愛着があることが最大のルールですが、ハーバリウムの魅力を存分に感じることのできる、いろいろな花を詰め込んだフラワーアレンジのハーバリウムがおすすめです。

ハーバリウム ティーアズドロップ
出典元:ベルビーフルール

3-5 カントリースタイル

アメリカンカントリー・フレンチカントリーと種類はさまざまありますが、共通で言えることは素朴ながらも力強いスタイルということ。
素朴に仕上げた木の家具にトールペイントやパッチワークなどハンドメイドを加えるのも1つの特徴です。
「自然と共に暮らす」というメインテーマに沿ったスタイルなので、ハンドメイドの手作ハーバリウムで愛着をわかせながら作るといいですね。

手作りキット ハーバリウム
出典元:ベルビーフルール

4.さいごに

夏にピッタリのハーバリウムをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
インテリア雑貨としてご自宅に飾るのはもちろん、プレゼントにも適しているものなので、
ぜひご紹介した選び方や商品を参考に、好みや目的に合ったものを選んでみてくださいね。